スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社での挙式

  • 2014/11/15(土) 12:50:12

アメリカに来てから宗教についてすごく考える機会が多く、個人的に興味を持ち宗教に関するいろいろな本を読みました。
ここで宗教に関する細かい話は割愛しますが、信仰心の薄い私にとって一神教や明確な教義を示す聖典の存在というものには馴染めない部分が多いのに対し、神道の教えというのはとても理に適っていて納得・共感できる部分が多かったため(日本で生まれ育っているので当たり前といえば当たり前ですが)、日本での挙式はずっと神社でやりたいと思っていました。

同性婚の挙式を行ってくれる神社を探すのに本当に苦労したのですが、私は本当にラッキーにも神社での写真をお願いした写真館の方が親切にもいろいろ調べてくださり、挙式を行ってくれる神社を見つけてくださったのでした。
しかも、写真館さんからの距離も近かったため、その神社で式を行うことに決めました。

実はこの写真館さんにお世話になるのは二回目なんです。
5年くらい前、まだPapitoと日本に住んでいた頃はまさか近い将来に法律が変わり正式に結婚できるなんて夢にも思っていませんでしたから、せめて若いうちに(笑)結婚写真だけでも撮ってもらおう、ということでこちらの写真館さんで白い着物を着せてもらって結婚写真を撮っていただいたという経緯があります。
この時にとてもよくしていただいて、写真の出来も素晴らしかったので、今回の神社での写真もこちらにお願いすることにしました。

当日朝、実家から母とPapitoの三人で写真館さんに向かいました。
ここで今回は黒の袴を着せていただいたのですが、やっぱり和装というのはいいものですね
気持ちがとても引き締まります。

当日の天気予報は曇りのち雨だったのですが、なんとか雨は降らず神社の敷地内で写真を撮ることができました。

0014.jpg
お気に入りの一枚!

午前中で人の出入りも少なかったこともあり、落ち着いた雰囲気で挙式前に30分くらい家族との集合写真等を撮っていただくことができました。


神道の宗教的な理由、そして私たちは既にアメリカで正式に結婚していることなどの理由で、神社では神前結婚式ではなく結婚奉告祭が執り行われました。

0059.jpg

0045.jpg


厳かに式は進み、無事に奉告祭は終わりました。

今までいろいろな苦労がありましたが、こうして日本で家族に囲まれて式を行うことが出来、まさに感慨無量でした。
もちろんすべて日本語でしたし、すべてを同時通訳するわけにもいきませんでしたのでPapitoは式の内容をすべて理解できたわけではありませんでしたが、事前に予習していたこともあり、彼も非常に満足していたようでした。


次回はジャズクラブでのパーティーの様子を記事にします^^


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

写真館

って、もしやあそこの~!?
へぇ~あの写真館さんたら、いつもgood jobよね~!
使える~(←上から目線・笑)
そして黒の袴も素敵だね~☆

ほんと、いろいろあなた達色々成し遂げていくねー!
私達も見習うわ~!ちょ、ちょっとだけ・・・笑

  • 投稿者: キャミー
  • 2014/11/17(月) 22:29:04
  • [編集]

Re: 写真館

キャミ子、

そう、あの写真館~!
てか、元をただせばキャミ子夫妻があそこで撮ってもらった写真を見て、うちらも真似して撮ってもらったんだよね。
なので、あなたたちのおかげ~!(まじ)
まさか将来こんな展開になるとは思ってみませんでした^^

結構こうやってアクティブになれるのも、やっぱアメリカに住んでるから(しかもリベラルなDCやNYに住んでたから)、っていうのもあると思う。
変に自慢とかではなくて、ゲイでも普通にアウトして暮らしてて、同性婚もしてる人いっぱいいるから、偏屈にならずに、ゲイだけど幸せになりたいし、素直に自分が幸せなことを皆とシェアしたい、って思えるような環境なんだよね。
だから、日本でも次第にこういう風になっていくといいよね、ほんと。
そしたらパーチーも呼んでよね!
なんかイラスト描いてパピ子の太鼓をバックに朗読します(笑)

  • 投稿者: Bacino
  • 2014/11/18(火) 11:56:14
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。