スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復讐??

  • 2010/10/24(日) 10:44:41

昨日免許証が郵送されてきました!!
これで漸くパスポートを持ち歩かなくてすみます。

アメリカではお酒を買ったりレストランで注文する際はほとんど必ず顔写真付きIDの提示を求められます。
(21歳以上じゃないとお酒飲めません
国際免許証はアメリカで発行されたものではないため断られることもあり、レストランでお酒が飲めないのは悲劇(笑)ですから、必ずパスポートを持ち歩く必要がありました。


さて、免許を申請する際には、身長、体重、目の色、髪の色まで細かく申請書に記入する必要がありました。

送られてきた免許証を見てみると、直筆のサインの複写、氏名、住所、誕生日等が記載されていますが、その中に身長の記載もあります。

で、よーく確認してみると、身長は5フィート7インチで申請したのに、5フィート6インチになってました

1インチは約2.5センチですから、この1インチは結構でかい。。。

ま、別に大した問題じゃないからいいんですが、なんとなくあの窓口でバトルした男性の細やかな復讐?(笑)のような気がして
 →参考: 米国運転免許 技能編

単なるミスだとしても、免許証で普通にミスしないでほしいです(笑)


でも免許証を手に入れたことで、なんとなく本格的にアメリカで生活している感じになってきました

あとはグリーンカードが手に入れば、精神的にずっと楽になるんですけどね・・・


  ◆ 今日の一言 ◆


    「気が楽になる」


  「I fell easy.」

スポンサーサイト

米国運転免許 技能編

  • 2010/10/18(月) 09:37:49

免許の技能試験を受けに行ってきました!

結論から言うととりあえず合格
しかしいろんな苦労がありました。。。 
トータルで4時間かかりました。。。 (その内路上テスト自体は5分くらい


通常通り整理番号をもらい、自分の順番が来たのでカウンターへ。

提出書類はいろいろあるのですが、日本の免許と国際免許を一緒に提出することで自分が母国での免許取得者であることを証明でき、座学講習が免除となります。
ただし、在米日本大使館のHPを見ると「州により日本の免許証の公的な英訳を求められることがある」という記述があり、心配だったので事前に私の居住州の免許センターに電話して、英訳は必要なく国際免許証を一緒に提出すれば問題ないことを確認していました。
更に、念の為前回の学科試験を受けた際にも窓口の人に確認しましたが、その理解で問題ないとのことでした。


しかし!!



今回の窓口の男性は「俺が日本語読めると思ってんの?英訳持ってきなさい。OK? Done.(!!)」と受け付けてくれず。
怒りをこらえて、丁寧に国際免許証があれば問題ないことが確認済みであることを説明しても全く聞く耳持たず。
この男性は次の整理券番号の人を呼ぶ始末。

ただ、今回は自分が正しいことは分かっていましたので負けずに交渉を続けると、私達の遣り取りを見ていた隣の窓口の女性が助けに来てくれ、これで問題ないことをこの男性に説明してくれました。


さて、ようやくあとは試験を待つだけとなりましたが、待てど暮らせど自分の順番がこない。。。


1時間くらい待ったところであることに気付きました。

私が待つようになってから3人くらいの人が試験に呼ばれましたが、すべて同じ教官からでした。


つまり。。。


そう、技能試験を行う教官が、なんと免許センターに1人しかいなかったんです


奇跡


でも今日折角ここまで来て、しかも男性との不毛のやりとりも乗り越えてきたので、仕方がないので更に待つことを決断。


2時間くらい経ち、40分くらいしばらく全く人が呼ばれなくなったことに気付きました。


もしかして・・・


今時間は12時半・・・


そう、教官のランチの時間



このあまりのサービスレベルの低さに閉口。。。


でも怒っても無駄だし、待つ以外ないので我慢して待ちました。


3時間くらい待って漸く順番が来ました。

教官と一緒に車まで行き、免許センターの周りの公道を一周(約5分くらい)し、終了・・・(笑)



あまりにも試験が簡単すぎてびっくりしましたよ。
ま、超難易度の高い縦列駐車とかさせられても困ったけど(笑)



と、いうことで、免許証代として12ドルを払い、終~了~♪(激安♪)

免許証は郵送で10日後くらいに送られてくるそうです。


いやー、それにしても、教官が1人というのには本当に驚きました。。。
遊びじゃないんだから(笑)


 ◆ 今日の一言 ◆


    「左に曲がりなさい」


  「Make a left.」

米国運転免許 学科編

  • 2010/10/13(水) 09:52:56

今日は学校が休校だったので、免許の試験を受けてきました。

学科試験は二種類あり、下記のようになっています。

1)交通標識の問題(10問中10問すべて正解しなければならない)
2)一般知識(25問中20問以上正解しなければならない)

とりあえずこの連休に勉強したので、なんとか学科はクリアしました

面白かったのが、一般知識の「funeral procession(葬列)」に関する問題。

今はもうやる人は少ないらしいですが、棺に納められた遺体をお通夜の会場から教会や墓地に運ぶ際に、霊柩車を先頭に参列者の車が葬列をなして続くことがあるそうです。
通常、パトカーが先導して、交差点が赤信号でも一般の車を止めて進むことができるよう法律で定められています。

あまりはっきりとは覚えてませんが、「葬列に出くわした場合どうするか」の4択問題がありました。
もちろん、正解は「葬列が終わるまで停車して待つ」なんですが、選択肢の中に

・列を壊してでも直進する
・葬列に参加する(笑)

というのがあり、思わず1人で苦笑しちゃいましたよ
これが本場のアメリカンジョーク??(←そんなわけない 笑)


あとは、技能試験ですね。

できれば今週金曜にでもPapitoの車を借りて行ってこようかと思います
ま、とりあえず学科が受かって安心しました

■参考:過去のブログ アメリカでの運転免許


 ◆ 今日の一言 ◆


    「安心する」


  「I feel relieved.」



アメリカでの運転免許

  • 2010/10/04(月) 07:24:07

漸く運転免許申請のために必要な書類の用意ができたので、来週あたりに試験を受けに行こうかと思っています。
パスポート以外にも学校からの在学証明とか、銀行から郵送された残高証明書、Social Security Number(SSN)などまで用意する必要がありました。
SSNは以前にカリフォルニアで取得したものを奇跡的に持ってきていたので助かりました。
日本での免許があるので座学講習は免除され、パソコンでの学科試験と実際の技能試験を受けて合格すれば、居住する州の免許が交付されます。
なので、今週は学科試験の勉強をする必要があります。(めんどくさ
ちなみに、技能試験のための車は自分で用意して試験所まで自分で「乗って」行くことになるみたい。。
一応、座学講習が終わると日本でいう「仮免」みたいのがもらえて、助手席に免許取得者を乗せていれば運転していいことにはなってるけど。。。
さすがアメリカ、車は一人一台が当たり前なんですね。車社会です。


・・・ということで、今日は朝からPapitoに助手席に乗ってもらい運転の練習をしてきました
左ハンドル、右側通行に慣れる必要があります。
しかもPapitoの車は買ったばかりの新車なので久々に緊張しました
今日はウインカーを作動させようとしてワイパーを作動させてしまうミスを連発。(だって左右逆なんだもん)
しかも私の州では赤信号でも右折OKなので、赤信号だからといって油断できません(笑)
それと、アメリカでは縦列駐車をする場合が多く、日本ではほとんどしなかったのでこれも練習する必要があります。

本当は近所をちょこっと走って終わる予定だったんですが、給油ランプが点灯してしまったので「ついでだし…」ということで近所のガススタまで走ることに。
で、給油後、「天気もいいからどうせなら…」ということで少し長めのドライブをすることに急遽変更

少し走ると郊外でfarmer's marketが開かれていたのでちょこっと寄ってきました。

IMG_20101003_111015.jpg

ハロウィーンが近いということでいろんな形のかぼちゃがたくさん売られていました。

IMG_20101003_110616.jpg

かわいいミニかぼちゃがあったのでうちらもすかさず5つ購入。(1つ50セントでした)

IMG_20101003_113200.jpg
バナナとアボカドは昨日近所のスーパーで購入


こういう青空市みたいのは楽しいですね


昨日韓国系のスーパーで焼肉用の薄切り肉とキムチを買ってきたので、今晩は焼肉パーリーです



 ◆ 今日の一言 ◆

   「縦列駐車」

 「parallel parking」



ついにブログを始めました!

  • 2010/08/18(水) 12:27:53

引越しの荷物もようやく片付き、大学での Fall Semester の履修も無事終わったので、思わずブログデビューしてみました(笑)
もともと筆不精なので学校が始まったらどれだけの頻度で更新できるかはわかりませんが、ま、とりあえず軽い気持ちでやってみようかと。。。

さてさて、昨日やっと銀行口座を作りました!
しかも、Joint Account(共同預金口座)
夫婦生活の第一歩
僕のお金だけを管理する口座なので共同口座にする必要は特別なかったんですが、なにせアメリカ、どこに行くにも車がないとお話にならず、銀行も然りで、基本的にはPapitoの車に乗せてもらってお金をおろしに行く必要があります。
なので、Papitoも自由に僕の口座にアクセスできれば、仕事の帰りに銀行に寄ってきてもらうこともできたりしてとっても助かるので、そうしました。
もう既に僕がどれだけの貯金を持ってるかはPapitoにはバレてるし…(汗)
これでやっと日本から持ってきたTCを現金化して口座に入れることができました とりあえず一安心。
元々はこっちで口座を作ってからすぐ海外送金しようかと思ってたんですが、大学の授業料も何もかもほとんど日本のクレジットカードで払えちゃうことが判明したので、送金の必要はなさそうです。
無収入かつ留学生ということで、ドル建てのクレジットカードをこっちで作るのはかなり難しいしね。
ちょうど大金を払わなければならないときに円高なので、時の運にも恵まれました

車社会のアメリカ、なんと昨日口座を開設した銀行にはドライブスルーがありました笑(本当)
先月Papitoの運転免許の更新に付いて行った時も、なんと免許センターにドライブスルーがありました。
僕はまだ実際には見てませんが、クリーニングやドラッグストアもドライブスルーでできちゃうみたい
こんな環境なので、家から大学まで歩いて30分くらいで行けるのはほんと奇跡。。。


ではでは、また♪



夢♪







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。